腰椎変性側弯症

YOUTSUIHENSEISOKUWANSHOU

腰椎変性側弯症について

側弯症(そくわんしょう)とは背骨がねじれを伴って左右に曲がってしまった状態を言います。
この病気の原因はいろいろありますが、最も多いのが特発性(とくはつせい)側弯症と言って、原因が不明ながら側弯症の大半(60~70%)を占めるものです。多くは女子に発症し、成長が止まるまで背骨の曲りが進行します。

ところが子供時代には側弯症がなかったのに、中高年で急速に背骨が曲がってくるタイプもあります。
これは背骨の中でも腰の骨が曲がることがほとんどで、こどもの特発性側弯症と区別して腰椎変性(へんせい)側弯症と言われます。

腰椎変性側弯症の症状

背骨の変形、腰痛が主な症状です。
中高年に多く病気のため、脊柱管狭窄症やすべりと伴うこともしばしばで、この場合は下肢痛、しびれ、運動麻痺など、神経の症状も伴うことがあります。

腰椎変性側弯症の治療

曲りが強かったり、体が一方向に傾いてしまうようなバランスの悪い側弯では、その後も曲りが進行し、腰痛のために長く立っていたり歩いたりすることができなくなれば、曲りを強制して、まっすぐにしたり、多少曲がっていてもバランスの良いまがり(気を付けの姿勢で頭の中心が骨盤の中心をとおる)にする手術が必要となります。
金具を入れて背骨の曲りを矯正し、固定する手術なので、手術の効果が長持ちするためには広い範囲の背骨の手術が必要となることも多く、脊椎の手術の中では体への負担が大きな手術となります。
典型例のレントゲン写真を提示します。

shiraishi-cl1

shiraishi-cl1