リウマチ、外傷による上位頚椎不安定症

RIUMACHI

上位頚椎不安定症とは

7つの首の骨のうち、頭に最も近い1番目(環椎:かんつい)と2番目(軸椎:じくつい)の骨がいくつかの原因によってズレたり、ぐらぐらしたりする状態です。環椎と軸椎は頭と首のつなぎ目にあり、環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう)とも呼ばれます。

shiraishi-cl1

shiraishi-cl1

shiraishi-cl1

shiraishi-cl1

原因として、主に関節リウマチ(図1)、外傷(図2)、特に歯突起(しとっき)骨折(図3)、歯突起後方偽腫瘍(ぎしゅよう)(図4)、先天奇形などが挙げられます。それぞれの典型例の画像を提示します。

環軸椎亜脱臼の症状

初期は、首を前後左右に曲げたり振り返ったりする動作で首の後ろや後頭部から頭のてっぺんにかけて痛みが出ます。
ズレやぐらぐらの程度が進むと、神経の本幹である脊髄がそれによって圧迫されるため、手のしびれや指先の細かい動きが障害されるなどの神経症状が出てきて、さらに進行すると胴体や下肢にまで神経症状の領域が広がります。
また、病気の場所が頭と首のつなぎ目であるため、その近くにある延髄や小腦の症状として、めまい、ふらつき、呼吸障害(睡眠時無呼吸など)が起こることもあります。

診断

MRIが最も有用ですが、これだけで病気の状態が十分につかめないことも多いため、首を前後に曲げて撮影する単純レントゲン写真やCT検査、椎骨動脈像影検査なども合わせて行います。

治療

外傷による小児の骨折がない環軸椎亜脱臼では、入院して首をけん引し、骨のズレをもとに戻したらカラーをしばらくつけて治るケースも多くあります。
また、関節リウマチでは最近の薬物療法の進歩のおかげで、亜脱臼の進行が抑えられるケースが増えています。
しかし、成人のそのほかの原因によるものでは、亜脱臼を根本的に治す方法はありません。
程度が軽ければ症状に応じて鎮痛剤を投与しながら定期的な画像検査による経過観察を行います。
しかし、ズレやぐらぐらが徐々にひどくなり、脊髄の圧迫による手足の麻痺が進行する例では、手術しなければならなくなります。

手術

環椎と軸椎を金具で固定して二つの骨のズレやぐらぐらな不安定性をなくす手術が主流です。
しかし、これまでの手術法では首の骨の中で一番大きな第2頚椎(軸椎)の後ろに着く筋肉を全部剥がして行わなければなりませんでした。

shiraishi-cl1

shiraishi-cl1

shiraishi-cl1

shiraishi-cl1

軸椎の後ろには頭側から2対、首下の骨の側から3対、合計5対、つまり左右合計10個の筋肉がついています(図5a)。
これによって軸椎は首や頭を動かしたり姿勢を保って安定させるために,首の骨の中で最も重要な役割を担っています。
私は軸椎とその後ろに着く筋肉の機能を損傷しない手術を頚椎外科の歴史上初めて考按し、実践しています。

「患者さんの声」の23歳プロレスラーの記事インタビューを参照ください。

shiraishi-cl1

shiraishi-cl1

この56歳の関節リウマチの女性患者さんにも同じように手術しました(図6a.b)。
筋肉を骨から切り離さないもう一つの優れた点は、骨同士を固定する手術では、とても早く骨がくっついてしまうことです。
骨は、そこに直接着く筋肉から血液を豊富に供給されて生きています。
これを切り離すため、骨盤からたくさんの骨を取って首の骨の周りに植えなければなりません。
私の手術は筋肉を骨からまったく切り離さないので、骨同士をくっつけるために植えた骨だけでなく、人工骨の中にも血液と一緒に骨の細胞が流れ込むため、骨同士をとても早くくっつけることができるのです。
この23歳プロスポーツ選手の手術には骨盤から骨はまったくとっていません。
体全体が資本であるプロスポーツ選手の骨盤を傷つけたくなかったからです(図5)。